タグ:#農業

田んぼオーナー募集!

岩手山を眺めながらお米づくりを体験してみませんか‼︎

都会を離れて、雫石の自然の中で農業体験をしてみてはいかがでしょうか、、。

体験が、発見が、感動が、大きな自然の中に詰まっています。雄大な自然が織りなす季節の風をからだ全体で受けとめる実践農業です。

292272_409759699042409_168530732_n (320x240)


春には田植え、秋には収穫等、管理作業や、季節の生育状況を見て楽しむ 体験学習などされ、お帰りには「岩手の四季行楽観光」を兼ねながら、温泉で、暫しのおくつろぎをされては如何でしょうか?
自分の手で植えて、収穫したお米はひと味もふた味も違うはず。草や水の管理はファーム菅久のスタッフがしっかりと行ないます。

また、お米の生長の様子はメールやはがきでお知らせします。収穫したお米は、玄米・精米・胚芽米のご希望にそってお届けします。
お気軽にお問い合わせください♪

マイ・田んぼ:オーナー制度

私の田園

◎今回募集:1区画・本格的実践用 

◎田植えから草取り、稲刈、脱穀まで全て農作業全般本格的実践用
マイ・田んぼ:オーナー制度:私の田園-1-1-2のコピー

・特別栽培米が原則    減農薬・減化学肥料 50%以下にて実施

・利  用   料
  ①1口(面積約10a・300坪):16,000円/年 (消費税別途)

   ②区画が、1区画となっているために応募者多数の場合抽選を行って割り振りします)

   ③ふるさとの会管理組合費:10,000円/年(消費税別途)

・オーナー特 典      
 ①収穫後ふるさと村ショッピングモールに出品することができます。
     汗と苦労の価格設定をご自分で検討してみてはいかがでしょうか?

 ②マイ・田んぼで出来たお米は、すべてご自分でお持ち帰ることができます。

 ③各種イベントにオーナーは無料で参加できる 

・オーナー条件
  ①田植えから草取り、稲刈り,脱穀まで米作りの仕事全般をできる人

  ②将来、田舎暮らしを検討されている人

  ③今後、本格的に農業をやってみたい人
  ④販売農業を勉強してみたい人

 ・内    容
①農作業は、地元の農家がインストラクターとなって指導します。

②オーナーの田んぼは管理組合がしっかり管理します。

③有機質堆肥・苗およびマイ・田んぼに係わる経費は、すべて契約されたオーナー持ちとします。

④苗の準備や水の管理は地元の農家が行います。

⑤年4回季節に応じた農業際を実施します。例:「田植え際」「蛍の夕べ」「家族田舎体験」「収穫祭」

⑥その他季節に応じたイベントも数多く企画されます。


その他

①申込は、1区画につき、構成人員は登録制とさせていただきます。

②中途退会の場合、料金の返却およびオーナー特典の提供はできません。

③オーナー期間は、4月1日から翌年の3月31日までとします。

④田植えは5月中旬、稲刈りは10月中旬頃を予定しております。

⑤オーナー料金の払込は「申込書」が届き次第、振込通知をご連絡します。


季節ごとの(農業&旅行・農業&観光・農業&体験)
イベントプランを企画しております 

banner3
応募締め切り

①応募締め切りは、3月25日まで

②申込用紙は、当社指定のものとします。

③インターネットホームページ上で申込もできます。

(インターネット上で申し込む場合には指定用紙はいりません。

④送付先 

 お申し込み方法

お申込みはFAX,Eメールでお願いします。

お申し込みの際、氏名、年齢、住所、電話番号をお知らせ下さい。   

     (指定申込用紙にて、申込をお願い致します。)

984-0065

宮城県仙台市若林区土樋236番地

コミュニティデザイン合同会社

農業体験事務局宛

TEL 070-2029-8952    FAX 022-399-9580

E-mail: world-23@soleil.ocn.ne.jp

URL:  https://world015.stores.jp 

マイ・田んぼ:オーナー制度:私の田園-1-1-3のコピー

■岩手県雫石町から“米作りの基本は「土作り」である”

 農園場所(別途地図参照)URL:https://bit.ly/2Q6ugJM

020-0504 岩手県岩手郡雫石町中沼277
農業生産法人 有限会社ファーム菅久 

overview001
平成5年の大冷害をきっかけに、新しい技術導入をしたことが私の自信になりました。それがプール育苗であり、土作りを基本とした栽培法です。米は日本人の文化であり主食の米が無くては生きられません。安全な米を安心して食べて欲しいと心から思います。
 

 

田んぼオーナーとは?

田んぼオーナー制度とは、農家から田んぼの一部を借りて、その区画のお米を育てながら収穫し、自分のお米を作る制度です。

“令和最初”の「夢の福袋」を提供‼︎
0e4c888e1192208ea6fdfca67a49b060

3種類から〜❗️
鹿児島からご家庭の食卓にお届けいたします!
     ⁂ 数量30箱限定販売 ♬〜
af670184a76b72df2b3ce52b089796f2

なくてはならない!豪華食材の詰め合わせセット!!

薩摩の恵み!豪華爛漫!開けてびっくり!本当にこの価格♪
「薩摩の恵み」の食感を食べて味わって頂きたい!!
●送料無料 鹿児島県産 旬の食材詰合せセット 【お得な福袋】

☆☆☆☆☆1月2日より新春初売り‼︎発売中☆☆☆☆☆
♬♬〜 今話題の大評判を頂いております!!
 da14a7064fb28e1f26a51637deedaa7c
■商品名  九州産 旬の食材詰合せセット 【お得な福袋】
【先着30箱限定販売】
2020年1月2日〜20日まで、期間限定販売にて大変お得なセールやキャンペーンを行います!

2020年も宜しくお願いいたします!!

■品種 新春初売り「福袋」Sサイズ/詰合せセット
■内容量 10品目以上〜(豪華食材)
*中身については、販売金額以上の商品が盛沢山入っております。
(きっとお買い上げていただいた方は、ご満足いただけるお品物と考えております)
■産地 九州産
■生産者 (株)オキス
■販売会社:株式会社Japan Agri Warehouse
        鹿児島県鹿屋市下高隈町5454-11
■賞味期限 お早めにお召し上がり下さい
■保存方法 常温
■販売期間 2020年1月2日〜20日までとなっております。
■収穫&発送時期 1月6日(月)~ ご注文順に順次発送
※天候のより多少、収穫時期が前後する場合がございます。
■配送 常温宅配便
■送料 無料
※沖縄県・北海道・離島等につては、追加料金が掛かります。(別途ご連絡申し上げます)
■栽培方法 特別栽培
 
●お支払いについて
お買い物の際のお支払い方法は「クレジットカード」「銀行振込」「代金引換」にて対応いたします。

●配送について
配送はヤマト運輸&佐川急便でお届けいたします。

●商品の同梱につきまして
*当店では産地より直接お客様へ配送致しております。
その為、発送元の違う商品と同梱しての発送はできかねますのでご了承下さい。
他の商品と同時にご購入の際には、システム上送料1口分しか付加されないため、後ほど改めて当店より送料を追加請求させていただきます。
必ず当店からのご注文確認メールをご確認ください。

◉商品提供地である鹿児島県鹿屋市は農業に最適な場所です。
温暖な気候、肥沃な土地、さらには桜島の恵みをうけた野菜たちの
おいしさを皆様にお届けします。

■旬の食材提供地である鹿児島県鹿屋市は笠野原台地にあり、沢山の茶畑や野菜畑が存在しています。お茶が育つ風通しの良さ、温暖な気候、水はけのよいシラス台地、その上に堆積した肥沃な黒土、高隈山から吹き下ろす新鮮な空気に、活火山・桜島。これほど農業に適した場所はないと言う程のまぼろしの土地なのです。

■人と人を結びつける環境農業 

破壊されつつある自然環境を憂い、人と人の関係を大切にしたいから、有機農業の発展に尽くして、農薬や化学肥料などの化学物質をできるだけ排除して、土の中に生息する微生物をどう活性化し、土そのものに生命力を与えていくか。

持続可能な農業をいかに広め、環境に対する農業の負荷をいかに小さくするかを考えています。また、公害問題や環境問題に対するきちんとしたテーマを持ってやっている生産者の農産物を私たちは、取扱う「産直市場」を手がけております。 

■産直市場の食材は業務用の卸しも行なっています。 
より多くの人に安心して食べられるものを提供したい。そのためにさまざまのチャンネルで産直市場の食材をご紹介するため、飲食店、旅館、宿泊施設、ホテル、専門店などへの卸しを行なっています。

消費者と生産者が一体となり、食を通した関係を「産直市場」は、伝えて行きます

【総 括】
「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印として社会に貢献する活動を行なっております。高齢化する農村と都会の交流の橋渡しを考え心身ともにリフレッシュできる「生きがい」を目指し、「医・食・住」を考え、 地域の人や仲間にふれあいながらも個人の生活を大切にして、「同じ価値観を持った人が集まり」自分たちにあった「地方の在り方」を探し求めたいと思っております。 
kousouzu[1]

 当企画案は、農のある暮らしに基軸を置きつつ、現在、農産業の抱える厳しい労働環境からくる後継者不足や廃業を、生産力を生かすことで分野そのものの再生をもめざす案としてご提出いたしました。

  about_02-01

 小規模農家世帯の中には、経済力も少なくこのほどの農業に対する世界情勢が変わり、日本政府の対応と共に環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉などで農産物の市場開放を迫られる中、度々の地方農業への対応で苦労を乗り越え、再生に死力を尽くし土壌を守って行かなくてはならない苦しみ。そのなかで経験を重ね培った優れた技術は、情報交換の環境もなく、また市場流通に左右されながら報われる機会も薄いものだったと思われます。

  

 その生産力をフルに活用し、消費者に欠かせない農作物を、産学公民共同で農業復興再生できれば、薄利多売の仕組みから脱却でき、より安心・安全で、あるべき農作物の価値を保ちながら拡販流通できると弊社は考えております。

 IMG_1009のコピー

 ものづくりという、人の手を介してしかできない技術を生かす生産者のメリット、いい食材を適価で入手できる消費者のメリットを鑑みた場合、利益追求ではない、公平なジャッジとウイン&ウインの関係をコーディネイトできる機構が必要である、と強く思います。また、その機構はソーシャルワーク成功事例として第一次産業各分野でも活用できる仕組みに成り得るものです。

 

 特に、農産業に至っては年度毎新規転換ができない環境はもちろんのこと、育成に集中することで精一杯の農業を営む生産者は、これほどの大転機をチャンスに乗り越える余力はないものと考え、早急に生産ラインの構築と合わせ、若年者が携われる労働環境をえることが必須です。

 

 耕作地の土壌復旧に併せ、同時進行で技術継承と開発、販売というビジネスプランの構築が、本来、我々に課せられた農業復興事業であると考えます。

 school_02-04[1]

 従来の農産物栽培方法では、現在の農家の主流である慣行農法(化学農薬、化学肥料を用いた単一作物栽培)を中心に教えられますが、石油価格の高騰、土壌汚染、環境破壊が叫ばれる現在、また職の安全・安心に敏感になりつつある消費者の動向から考えても、慣行農法は長期的に持続可能な農業とはいえなくなってきています。規格品生産だけではなく、本来の農作物にあるべき、味、香りなどの食感を保ちながら大量生産を行います。

 

 当局が勧める堆肥は、共同研究・開発し、共生・共同方針に基づく考え方を取入れた仲間と共に、ゆるぎない栽培方針のもとに、推薦堆肥を使った野菜栽培への取り組みを、全国に発信して参り、統一した栽培の原点としてグループ化として全国各地域に農事組合・農業生産法人を設立して参ります。(時には出資等も実施して行きます。)

 

 農事組合・生産法人では持続可能性を一番の基準として、有機栽培を専門的に学べる環境を作ります。私たちが考える有機栽培とは、自然環境にやさしく、手に入りにくい特定の資源にできるだけ頼らない、自然の循環を意識した持続可能性の高い栽培方法です。

1
 

GLOBALGAP

グローバルGAPは、全世界農業者の共通のテーマでもある「食の安全リスクの低減」「労働安全」「環境保全」「生態系の維持」の実践を通して「食の安全と持続可能な生産管理」を社会の求めるレベル以上に実現する為の、ハーモナイズ化された共通の規格とツール開発(効率的な適合性確認含む)に取り組んでいます。これらを通じ、健康で持続的な社会実現に貢献する事を目指しています。

4c5646a4c1dedcb7d79db66d16528c0b

●グローバルGAPって?

ドイツのケルンにある民間の非営利組織です。過去にヨーロッパで多発した食品安全危機問題に対し、小売事業者団体が1997年最初の安全な農産物を目指す基準と手続きを定めたプロトコルを作りました。設立当初はユーレップ(EUREP)GAPと呼ばれていましたが、参加会員が世界に広がり、グローバルGAPと改称しました。現在では世界80カ国以上・10万件を超える認証件数となっています。世界の小売事業者会員とサプライヤー会員および賛助会員が参加。2011年に第4版が発行されました。また「個別委員会」とは別に「認証組織委員会」があり、基準と監査・審査の解釈を審議しています。

現在、GFSIとの共同ベンチマークにも合意し、一次産品に於けるグローバルなデファクトスタンダードとして認められるまでになっています。

注:一次生産は地域特性が高く、地域の実態との調和が重要です。グローバルGAPには地域性を反映させる国別技術作業部会(NTWG)の仕組みがあります)

 ichiba_03-02[1]

  将来的な展望を考えて、自然循環型農業へと移行できる体制が必要とされてきます。

   地域から出る生ごみ学校、施設等などから出る野菜残渣の堆肥化を効率よく行い、高品質な堆肥を製造するリサイクルセンター等の検討が重要視されてきます。自然循環型事業の一環として取り上げました。

 

  今、農業は危機であるがゆえに注目されています。耕作放棄地、後継者問題が全国の農業生産者に広がっていく一方で、農業に関心を持った他業界の若い世代がスキルを習得する機会は限られています。 農業以外の知見を併せ持った社会人に広く、自由に農業を学べる機会を提供することで、「情熱のある農業者」を育成していくことできます。閉鎖された農業界にあたら風をお越し、持続可能な価値を創造し、イノベーションを引き起こしたいと、考えております。環境・風土・土に触れ、有機農業の栽培技術と農学の原理原則を学び、農学の基礎を土台として築き上げ、それを活かし、「業」にするための「考える力」を学ぶことができる環境を整えてあげたなら、人財は育ちます。幅広く、豊かなカリキュラムで、経験がゼロであっても仲間と共に学び、次世代のハイブリッドな人材へと成長できる学び舎農学校となって行きます。 農業に夢を抱いた人たちが広く、自由に農業を学ぶ場として、「学び舎農学校」を提案していきます。若い世代の農に対する人財育成が急務となっており、アグリビジネスとして産業化に向けた取組の体制が必要とされてきます。将来的な展望を考えて、学び舎農学校の設立が必要にとされてきます。地域に密着した、新しい取組が、今後、地方創生のカギとなってくるのではありませんか。卒業生たちは、新規就農や起業を興し、地域に移住、定住が定着する仕組みづくりを提案できます。また、仕事を続けながら就農準備を行うなど、それぞれの農業の道を模索していくお手伝いが出来るものと確信しております。

school_02-03[1]


  国外はもとより、日本の農業は世界各国から食の安全として、一目置かれて認められています。その代表的な栽培技術「安心・安全・おいしい」3原則は世界に通用する農業として、誇りが持てると確信しております。新しい農業流通改革を確立して行く上で、国内のみだけの流通改革でではなく、農産物そのものの輸出ばかりを取られるのではなく、技術の確立と栽培を目的としたグローバル的発想のもとで、若い世代が目を向けて頂く、また、農業で世界に躍進して頂ける「道しるべ」を構築して行きたいと願っております。特にアセアン地域への農業者育成と販売の確立を支援していきたいと、システム作りを大手企業との共生で提案して行きたいと思います。 
school_02-06[1]
 

【事業構想概略】【全国の生産者の顔の見える】産直食材の提供

IMG_1037


◉農事組合法人&農業生産法人

■改革生産者による土壌改善及び栽培

・苗植え~管理栽培~収穫  ※生産研修 農業研修(情報交換、栽培方法) 

■生産農家開拓提携 農事組合法人・農業生産法人:設立)

良質農産物生産限定(特色のある個人農業者)

■販売ルート開拓 

・宅配先、卸先拡張 ※こだわりと品質で他社(者)との差別化を図る

 出荷作業

・生産、販売管理

・出荷(加工含む)作業、配送
  ②-13生産者の会・募集チラシ-3のコピー
連携

■大手スーパー・福祉施・設飲食業・食堂・病院等

■事業展開構想図

・宅配サービス
・直売所・農家のレストラン

・ショッピングモール 
協賛企業との提携

■旬の野菜契約栽培提携 

・年間野菜栽培計画実施による野菜栽培

・自社運営食堂・飲食等の業務用に使用する

・フリーズドライ・乾燥野菜・カット野菜、冷凍野菜に加工して出荷 

  定期宅配-2のコピー
連携 

◉ 休耕農地・耕作放棄地・高齢化農地対策・田・畑に関わる
地域交流および販売イベントに関わる協力者
商品開発・事業構想企画協力者(大学・高校、行政機関など)

産直市場のコピー


プロジェクト概要

自由な発想を持っていてチャレンジ精神も旺盛な都会の若者と、 地域で様々なことにチャレンジしている農業者が、お互いにアイディアを出し合い、 未来の農業を語れる場所や仕組みを作るプロジェクトです。

あなたの地域からからの地域活性化に資する起業と雇用を創造することを目的とした支援事業です。アグリ起業促進には、雇用・就業の回復・活性化が絶対条件です。地方の産業と雇用を再生するためには、何よりもまず農林漁業・水産業の活性化を果たし、昔の考え方に立ち戻るだけでなく、農林水産業の6次化による高付加価値化を目指すことが重要であると考えました。


私たちの目指すものは、「起業家精神」です。若い方の感性と発想に基づいたこれからの会社経営を社会還元と地域社会に貢献出来る企業を目指した経営者を育て上げることを義務として、『アグリ起業の実現』に向かって頑張っているやる気のある方を応援します。 

 

 レンタル民宿

●温州みかん
~~ゆらみかん!~~ 酸味と甘みが気持ちよく広がる!
暑さから寒さに変わるこの頃に相応しい、さわやかさと甘さが絶妙なのがこの早生みかん。
604d5e83db103dc41202e98692f5c234_t 

とにかく美味しい!

皮も薄く、食べやすさ満点♪♪~ 一つ、また一つとすぐに食べ終わり、とまらなくなります。

◇◇ゆらみかん◇◇
産地直送!特別栽培!減農薬!酸味と甘みがあり♪

和歌山県産柑橘シリーズ!

生産地である和歌山県由良町は日本のエーゲ海とよばれる白い石灰岩の海岸もあるなど柑橘類の適地として注目されております。 
中でも私たちの生産地三尾川は極早生種で最高峰の「由良早生」の発祥地として、全国的に知れ渡っております。

地域と環境が整いた場所はここしかありません。また、みかんに適した自然環境とたゆまぬ栽培努力と日々の技術研究を重ね、今日に至っております。その中から創り上げる逸品の柑橘類を皆様にお届け致します。

【生産者の顔の見える「産直市場」として土作りから】 
当農園では「土が作物を育てる」をテーマ-として、日々の土作りに全神経をとがらせ、収穫後の秋肥、今年の作柄を左右する春肥に、"米ぬかぼかし肥料"の有機肥料を満遍なく、みかんに最適な量を確保しながら使用して栽培に取り組んでいます。

また、farm&labとして、勤勉に努める仲間と協力しながら栽培研究に取組んでおります。


2ca39e3351406502c3dcf8291b7c2cac
 

●極早生品種
ゆら早生とは?
昭和60年に和歌山県由良町で生まれたみかんの新品種です。
宮川早生の枝変わりとして発見され種苗登録されたもので、由良町地域の海と山の土地にミックスされた自然環境を活用した、その地域独特の環境を中心に栽培されているみかんです。全国的も注目されております。
この時期の極早生品種としては、驚くほど甘みが強く、味が濃く、果汁たっぷりで、中の内包の皮がすごく薄く抜群のおいしさです!!
通常の極早生温州みかんに比べて、小粒で内包がたいへん薄くすぐに破れるほどです。

~~ゆら早生みかん!~~ 極早生みかんの最高峰!甘くてやわらかい味よし!

51RZnO87abL._SX425_

 近年、農産物に対する消費者ニーズは、「安全・安心・健康」志向が高まっており、より安全で安心して食べら、美味しい農産物の供給が望まれています。そこで、farm&labでは、有機物等を有効に活用した土づくり、並びに環境への負荷の少ない肥料を活用して、大人から子供まで安心して食べられる食材を基本とし、生産性と調和できる幅広く実践可能な環境にやさしい農業を行っていきます。
1591092ad23ddc0a8783e34044308625
 

↑このページのトップヘ